Millennial Life

ミレニアム20代女子のライフデザイン奮闘記

20180623002035
ミレニアル20代女子のライフデザイン奮闘記
MENU

私がブログを始めた理由② 〜背骨が折れてからの話〜

前回、私がブログを始めた理由として背骨が折れた話を紹介した。

 

millennial-life.hatenablog.com

 

今回は、背骨が折れた後の話をしたいと思う。

 

始まる入院生活

 

病院に入院するのは、記憶があるうちでは初めてだった。

入院が決まった直後、看護師さんからしばらくは起き上がれない旨を伝えられ、トイレに行けないため尿道カテーテルを差し込まれた。

2度と経験をしたくないなんとも言えない痛みがあった。

 

 

病棟に移るとすぐに消灯となった。

 

背中の痛みで寝返りを打つことができない。

とにかくずっと痛い。

救急病棟に入院だったため、おそらく周りも救急車で運ばれたての方ばっかりだっただろう。

 

痛みで寝られないときに、おばあちゃんの呻き声に大変悩まされた。

 

うつらうつらと何度も目を覚まし、やがて朝になった。

 

翌日、父母が遠方から飛行機に乗ってはるばるやってきた。

大変心配そうにしているとともに、表情から見える怒りの気持ち。

 

ああ、ただでさえ厳しくて過保護でちょっと面倒な親なのに、これは大変面倒なことになったなぁ・・・と感じざるを得ない。

いくつになろうと、自分が大人になろうと、やはり親にとっては子供のままなのだろう(大人になって、こんな心配をかけている私が悪いのだが・・・)。

 

 

そうして始めの1週間は寝たきりで過ごした。

起き上がれない、お風呂も入れない、トイレも行けない(これが本当に苦痛)、なんとも言えない日々だった。

 

1週間後、初めて起き上がり、車椅子に乗せてもらった時の風を切る爽快さは今でも覚えている。

 

そこから少しずつ歩くリハビリを始め、入院は3週間で終えることができた。

 

友人や会社の上司がお見舞いに来てくれ、幸いにもお花やら本やらいろんなものに囲まれた入院生活だった。(会社の方々にスッピンを見られる苦痛さはあったが・・・・)

 

彼との関係

事故が起きてからの1番の問題は、彼との関係だった。

まだ付き合って8ヶ月の浅い関係だった。

親には存在を知らしてたものの、もちろん会わせてはいない。

 

私の周りの友人も厳しいという私の母親に会わせるには、最悪の機会だった。

 

入院中、相手の母親や、父親や、家族が何回か会いに来た。

病室から席を外し、私以外で話をしたようだ。

私は親にもう一生会うなと言われた。

 

もちろん別れる気はなかった。とても誠実で真面目な人だ。

 

しかし、客観的に見れば加害者と被害者になってしまったことには変わりない。

 

 

親の怒りやいろんなしがらみ、板挟みの状況に相当私はストレスを感じていた。もちろんそれは私だけではなく彼も同じだった。

彼の優しさが逆に私の苛立ちを増幅させる結果となることもあり、お互いにだんだんとぶつかり合うことが増えた。

 

そして退院後1ヶ月休養している間は一切の連絡を取らなかった。

 

休養期間は強制的に実家に居させられたため、親の彼に対するネガティブなイメージに相当引き寄せられてしまった。

会わないうちに「なんで付き合っているのだろう」「どこが好きなんだろう」と自問自答する日々。

 

休養を終え、私は別れることを決意した。

 

 

しかし今でも付き合っている。

別れようとした日、会っていろんなこと全てを吐き出した。

言いたかったこと全部、相当きびしいことも言った気がする。

それでも、全部を受け止め、一緒にいたいと彼が言った。

 

そうして、もう付き合って1年以上が経っている。

 

両親に、今でも付き合っていることは話していない。

 

いつか言わなければならないのだが、まだ通院も続いており、事故後のもろもろが終わっていないので触れないようにしている。

 

相手方の親も付き合い続けることに反対しているようだ。

 

道のりが険しい恋愛になってしまった。

私は彼と付き合い続けることが果たして正解なのか、時々考えてしまうことがある。

これだけ周りの人に反対され続ける恋愛に、果たしてなんの意味があるのだろうか。

恋愛は周りに左右される必要は一切ないのだが、実はいろんなしがらみに多くの影響を受けているんだと改めて感じる。

 

これからのことで、彼とはよく喧嘩をする。

普通のカップル以上に慎重かつ確実に話を進めなければならない。

相手の誠意や度胸も必要だ。

 

この恋愛が、二人に大きな成長をもたらしてくれる。

そう思わないとやっていけないことが多いが、自分の気のすむまでチャレンジしてみようと思っている。