Millennial Life

ミレニアム20代女子のライフデザイン奮闘記

20180623002035
ミレニアル20代女子のライフデザイン奮闘記
MENU

SNS疲れを断ち切る 〜SNS断捨離で心が軽くなった話〜

f:id:millennial-life:20180616140927p:plain

 

最近ミニマリストスタイルの生活が流行っているが、私もいろんなものを捨てたり整理することにはまっている。

中でも最近SNSの整理をしたことで気持ちの余裕が生まれたので、ぜひ紹介したい。

 

やめられないんだけど疲れる…SNS疲れに気づく

私はFacebooktwitterInstagramを利用している。

現在の利用割合としては、写真付きのため大部分がInstagramで、その次がtwitter、その次がFacebookという感じだ。

 

一番多く使うインスタの更新率は、写真のアップで月2〜3回、ストーリーアップで週に1回ほど。

開く回数はさらに多く、1日5回以上。スマホを取り出せば癖のようにインスタを開いてしまう。中毒になりかけているのかもしれない。

 

ミレニアム世代は特にSNSが普及した時代の先人になるのではないだろうか、SNSは日常生活において当たり前の存在になっている。

だが、それと同時にSNSに振り回されることも多いのだ。

 

 

私は先日、twitterを開いた時にSNS疲れを感じた。

ある日twitterを開くと、高校時代の同級生が、彼氏との記念日デートの写真をアップしていた。そこには、「彼氏が記念日にこんなサプライズしてくれた!」という感じでサプライズ内容を事細かに書き記してあった。

 

その子は数回しか話したことのない知り合い程度の子だが、医学部に進学しており、頭もいいし顔も可愛い。大学のミスコンにも出たとか。彼氏も医学部生だ。

自分の人生にもそこそこ満足しているのだが、その投稿を見た時に、「どうしてこんなにも人生がうまくいっているんだろうこの子は・・・」と思ってしまった。

きっといい子なんだろう。その投稿のふぁぼの数が60を超えているところからも、きっといい子でみんなに好かれているということが伺える。

しかしその時私は気分が沈んでいる時だったからか、この投稿で私は勝手に自分の人生と彼女の人生を比べ、嫉妬し、彼女に八つ当たりのような負の感情を抱いていた

 

そしてそれから、彼女のことを何も知らないのに勝手に嫉妬している自分に対する自己嫌悪と、何故そんなに親しくもない人に心をざわつかされなければならないんだろうというSNSに対する嫌気を感じたのだ。

 

 

また、Instagramでもインスタ疲れを感じたことがある。

SNSには「いいね!」をつける機能があるので、インスタでも「いいね!」をくれる人は自分の投稿を見ていることがわかる。

それ以外の人はアカウントは持っていても使っていない、見ていないように思えてしまう。

 

だが最近Instagramにストーリー機能ができ、ストーリーを閲覧した人が表示されることによって、自分のストーリーの閲覧者の多さに気づいた。

 

この人一度も投稿したことないのに毎回見てんじゃん!!

という人があまりに多い。

 

先日私がアップしたストーリーを元に、ある人がどこかで私の噂話をしていたことを又聞きしたりもしている。彼とはそんなに親しくもない。

 

SNSを使う以上、誰かに見られるのは当たり前でそれを承知の上で投稿するわけだが、フォロー申請がきたから付き合いで許可をしている程度の知り合いにまでプライベートが見られていると思うと急に嫌な気持ちになった。

 

まさにSNSは使い方次第で楽しいものにもトラブルにもなるということだろう。

 

スカイプ断捨離を決心!

SNSをやめるつもりはないが、不必要に心を揺さぶられたくない!と思い、フォロー・フォロワーを整理することを決意。

 

さっそくtwitterを開いてみる。

フォロワーを見てみると、この子フォローしてたっけ?この人誰?(知り合いしか許可しないのでどこかで知り合ったはず)というような人が沢山・・・恐ろしい。

自分が大切にしたい人、今現在のコミュニティで繋がりがある人以外をブロック。

 

この人はブロックしたいけど、ブロックしたことがわかると気分を害するかな・・・なんて悩みながらではあったが、200人ほどいたフォロワーは40人まで減少

減らしすぎたかなとも思うが、身近な大切な人ってそれくらいだろうな、と妙に納得。

 

Instagramも同じように断捨離した。

250人近くいたフォロワーは90人近くに減少

Instagramのほうが、今のコミュニティ(会社など)で繋がっている人が多いため少々多い人数に。

 

ブロックする前は「この人どうしよう」と散々悩んだが、ブロックしてしまえばなんだかスッキリした。

 

ブロックする人・しない人の基準は人それぞれでいいと思う。

 

ただ、その人の投稿を見ること・その人に投稿を見せることが自分にとってマイナスなのであれば、ブロックするべきだ。

 

SNS断捨離を終えて

SNS断捨離をして数日経ったが、前よりも断然ストレスフリーである。

フォローしている時は更新される度についつい読んでしまっていた人であっても、意外とフォローを外してしまえばその人の近況なんてどうでもよくなる。

 

明らかに、他人の投稿を見て心がざわつくことが減った

 

また、人数が減るとタイムラインの変動も減るので、だんだんとSNSを開く回数も減っている。

少しずつ慣れていけばこれはtwitterであればアカウント削除もできるかもしれないほどだ。

 

 

今回はSNSの断捨離を行なったが、自分の見に溢れているものを整理すると心がシンプルになってくる。

周りによって揺らぐのではなく、自分の芯を持てる生き方をしたい。